男の退職代行とは?特徴や申込み方法、口コミについて解説します!

「男性向け退職代行サービスを利用された方の評判や口コミが知りたい」
「男の退職代行の特徴や申込み方法を知りたい」

このように考えている人は多いのではないでしょうか。

男の退職代行は、「消費者満足度No.1」「20代・30代男性が選ぶNo.1」「対応スピードNo.1 」の3冠を獲得している、男性専用の退職代行サービスです。男性向けにオーダーメイドされた退職代行事業であり、仕事を辞める際に活用したいという人もいるでしょう。

今回は、男の退職代行の特徴や申し込み方法に加え、サービスの口コミなどについて概説します。

男の退職代行とはどのようなサービス?

男の退職代行は、約16年間、男性に特化した退職相談を行ってきた会社です。料金は、パートタイマーの場合は税込み19,000円、パートタイマー以外の正社員、契約社員、派遣社員、内定辞退者の場合は税込み26,800円となっています。

サービスは、日本全国で365日24時間利用可能で、対応者はインターネット、電話、電子メールで連絡を取ることができます。支払い方法は、クレジットカード、銀行振り込み、カード払い以外、後払いから選択することが可能です。さらに、全額返金保証や転職の無料相談などのサポートも充実しています。

男の退職代行の特徴

ここでは、男の退職代行の特徴について紹介していきます。

業界で一番安い退職代行費用

ここでは、業界で一番安い退職代行費用を「正社員、契約社員。派遣社員」「アルバイト、パート」の2種類に分けて解説していきます。

正社員や契約社員、派遣社員のケース

正社員、パートタイマー、契約社員、求人票を拒否された方(非正規社員を除く)で、社会保険に加入している団体職員は、税込みで26,800円を負担することになります。

アルバイト、パートのケース

社会保険に加入しておらず、臨時的かつ非正規的に雇用される個人は、19,000円(税込)の手数料が必要になります。

日本退職代行協会 (JRAA)の特級認定を取得している

男の退職代行は、日本退職代行業協会(JRAA)の認定を取得しています。

日本退職代行業協会(JRAA)の特級認定は、望ましい退職代行業務に関する100項目以上の厳しい審査に合格した業務にのみ与えられるものです。

そのため、日本退職代行業協会からの独占的な認定を受けることで、この認定を受けていない方にも、より安全で、より質の高い退職代行サービスを保証することができます。

労働組合運営のため会社との条件の交渉が可能

退職代行サービスとは、労働組合が組織的に行う退職代行サービスです。公認の労働組合が使用者と詳細を協議するため、法律が守られないという心配がありません。

24時間365日対応可能

男の退職代行は、24時間365日、場所を選ばず、気軽に利用できる退職代行サービスを提供しています。また、即日退社など、迅速な対応も可能です。

ヤメホーというサブスクサービスがある

正社員、契約社員、臨時社員、アルバイト、パートの退職金に加え、年2回まで3,630円で退職できるプレミアム会員制度ヤメホー(定期退職)があります。

しかし、この制度には、解約を希望する場合、12回目の支払日から14日間という短い期限が設けられています。この期間内に解約しない場合は、別途解約金を支払う必要が出てきます。

すでに会社を辞めて、新しい会社でも退職を考えている人は、保険として利用することができるでしょう。

全額返金保証がある

男の退職代行サービスでは、サービスを選んで無事に退職できなかった場合、すべての費用の返還してもらえる保証があります。

転職するとお祝い金がもらえる

男の退職代行では、関連する人材紹介会社から転職される際にお祝い金をプレゼントしております。業界初のお祝い金(最大5万円までプレゼント)プランが実施されています。

男の退職代行の申し込み方法・流れ

ここでは、男の退職代行の申し込み方法や流れについて解説していきます。

LINE・メールで相談をする

退職代行のサポートが必要な方は、無料で退職相談をすることができます。退職の意思表示や現在の状況について、電話やメール、LINEでチームや専門家に問い合わせることができます。

すぐにでも退職したい、会社の同僚と話すのが不安、有給休暇の取得、退職願の作成、衣類・道具の返却、社宅の退去など、さまざまなご相談をお受けしています。

退職代行の依頼・料金の支払い

退職手続きの条件に同意された場合、次の行動は支払いとなります。一般的な従業員の場合、29,800円(税込み)となっています。別途手数料はかかりません。

銀行振り込み、クレジットカード、コンビニ振り込みが選択できます。送金完了のご連絡をいただいた後、速やかに退職の手続きを開始します。

担当者と打ち合わせ・退職手続き開始

入金確認後、退職代行業者は退職手続きに必要な個人情報、関連する職場の連絡先を伝えていきます。また、勤務先での退職のスケジュールや、事前の心の準備が必要な退職の細かい要素(理由など)についても質問があります。

また、休暇や残業代の精算など、具体的な希望がある場合は、担当者に伝える必要があります。

退職完了

退職手続き終了後、退職金制度の担当者から連絡があります。あとは、会社から支給されたもの(ノートパソコン、携帯電話など)をすべて郵送で返却するだけです。

また、退職届、社会保険被保険者証、年金手帳など、必要な書類については、男の退職代行から会社へ伝えてくれます。

男の退職代行の注意点

退職代行が法律で禁止されているわけではないものの、弁護士でない退職代行業者がサービスを提供している場合、非弁行為にあたるか議論されています。労働組合が運営する活動であれば問題ないとされてきましたが、必ずしもそうとは限りません。

言わばグレーゾーンが多い退職代行では、今後法令遵守を指摘される業者が出てくることも想定されます。退職代行を依頼したい業者がどんな体制でサービスを展開し、運営しているかを慎重に見極めて選ぶ必要があります。

男の退職代行のメディア掲載情報

男の退職代行に関する様々な成功事例が、多くのメディアで紹介されています。主な掲載メディアは以下の通りです。

  • 日本経済新聞
  • 朝日新聞DIGITAL
  • 東急電鉄・西武鉄道(東急東横線・副都心線・西武新宿線・池袋線などのドアステッカー)
  • サンケイスポーツ新聞
  • エキサイトニュース
  • ニコニコニュース
  • 楽天Infoseekニュース
  • Googleニュース
  • BIGLOBEニュース
  • 産経新聞社発行のzakzak(夕刊フジ)
  • @niftyビジネス
  • 徳島新聞

この他にも数十社のメディアにて「男の退職代行」が取り上げられています。

男の退職代行の口コミ・評判

ここからは、男の退職代行の口コミや評判を紹介していきます。

良い口コミ・評判

男の退職代行に関する良い口コミ・評判は次の通りです。

上司からのパワハラに悩んでいました。その後すぐに退職代行サービスを実施した上で会社側に退職手続きに必要な話と退職の許可を貰って、スムーズに退職手続きを進めることができました。

色々と質問などを聞いてもらえた上にスムーズに退職することができました。ありがとうございました。

(配送・ドライバー 6ヶ月勤務 24歳 正社員)

引用:https://taishoku.to-next.jp/otoko/archives/voices/1913

男の退職代行は連絡から退職までが非常にスムーズという口コミや評判があります。また、気になる質問などにも話を聞いてもらえることから親身であるといえるでしょう。

退職理由は給料が安い、勤務時間が長い、工場内の人間関係が悪いです。他社より安く、対応が早かったため即日退職ができました。

(工場勤務 3日間勤務 20歳 正社員)

引用:https://taishoku.to-next.jp/otoko/archives/voices/1892

男の退職代行は、状況や労働環境にもよりますが、即日退職を行うことも可能となっています。またこの人にとって料金の安さも決め手となったようです。

定時で帰れることが非常に少なく、半年間で片手で数えられるくらいとなっていました。残業代もみなしなので出してもらえず、重い荷物運びが続いたことで腰も痛めてしまいました。

後払いが可能であった上に、何度かやり取りが必要だったものの希望通りに即日退職することができたのでホッとしています。

(運送業 6ヶ月勤務 37歳 正社員)

引用:https://taishoku.to-next.jp/otoko/archives/voices/1856

この人は、後払いが可能であったことと、対応が丁寧であったことが決め手となっているようです。金銭的な余裕のない場合でも利用することができるのも男の退職代行の魅力といえるでしょう。

悪い口コミ・評判

男の退職代行に関する良い口コミ・評判は次の通りです。

人材コーディネーターとして勤務していたものの、ノルマが厳しく上司からの叱責があったことから退職を決意しました。退職代行に依頼後は1度も出勤することがなく辞めることができましたが、LINEという形式がラフに感じてしまい、やり取りはスムーズではあったが、若干大丈夫かという不安もありました。

(人材コーディネーター 2ヶ月勤務 26歳 正社員)

引用:https://taishoku.to-next.jp/otoko/archives/voices/1608

この人は、非常にスムーズに退職できたようですが、LINEという連絡手段がややラフに感じてしまい不安になったとのことでした。

LINEはプライベートでも使用する機会の多いアプリであることから、人によってはラフすぎるやり取りという点で悪く捉える人もいるかもしれません。

これは退職代行業者全体の口コミと評判ですが、退職代行に依頼すると自分で連絡しなくてもいい反面会社に連絡が入ってしまうということがあります。これに関しては、どうしようもできないことではありますが、会社内でのやり取りを想像してしまい不安になってしまうという人もいるようです。

https://twitter.com/amaimono_umaiyo/status/1590333903524757505

辞めてしまうことで将来に対する不安も抱きやすいという口コミや評判もありました。退職代行は比較的会社と自分自身のやり取りを省略して辞めることができますが、退職後に一気に不安が襲ってくる人もいるようです。

他社の人気退職代行サービスを比較

ここでは、他社の人気退職代行サービスについて解説していきます。

当サイトおすすめの『退職代行jobs』

退職代行jobsは、様々な事情で速やかに退職をしたい人にとって便利なサービスです。多くの人は、退職を申し出ないと先に進めないという精神的な悩みを抱えていることがあります。そんな時、あっという間に退職手続きが完了するサービスは、非常にありがたいものです。

そのため、年中無休の午前1時から午前6時までの自動応答など、迅速な返信と効率的な退職処理を行っている退職代行jobsは非常におすすめといえるでしょう。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、東京労働経済連合会が提供するパッケージ商品です。この労働組合組織は、退職代行業界を見守り、法律的な内容をサポートしています。

料金は、正社員、パート、アルバイトで税込み29,800円という一律化された費用で、別途必要な費用はかかりません。男性の退職代行サービスと比較すると、アルバイトやパートは料金が高くなる。さらに、転職支援サービスや退職お祝い金などはありません。

わたしNEXT

わたしNEXTは、16年以上にわたり、女性に特化した退職代行サービスとして確立してきました。

男性向けの退職代行サービスと同様に、料金体系、支払い方法、対応エリア、サービス内容、サポート体制が整っており、パート・アルバイトの方は税込19,000円、正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退者は26,800円となっています。

365日24時間体制で、退職に関する問い合わせにインターネット、電話、電子メールで対応しています。

支払い方法は、主要なクレジットカード、銀行振込、後払いなどに対応しています。また、退職後の支援として、退職金の全額返金や無条件の転職支援も行っています。

このように、ワタシネクストは、「男の転職エージェント」などの男性エージェントと同じように、退職代行サービスやリスクのないサポートを利用したい女性にとって、頼りになる存在です。

ニコイチ

株式会社ニコイチでは、16年にわたり退位代行サービスを提供しています。熟練した弁護士が最後まで指導しますので、成功率は100%です。料金は、どのような契約でも一律27,000円(税込み)です。それ以上の料金はかかりません。

退位専門業者に依頼した場合と比較すると、正社員、契約社員、派遣社員、内定者などの退位で料金が変わってきますので、ニーズに合わせて節約することができます。

まとめ

  • 男の退職代行はLINEでのやり取りが可能
  • 費用は業界でも最安値
  • 全額返金保証がある
  • 退職お祝い金を受け取ることができる

本記事では男の退職代行の特徴や申込み方法、口コミや評判などについて解説してきました。男の退職代行はLINEで気軽に退職における相談ができるサービスとなっています。

また、必要な料金は業界で最安値となっており、金銭的に厳しいという理由で退職に踏み出せない人でも安心して利用することができるでしょう。加えて退職お祝い金を受け取ることができるので、初めて退職代行を行いたい場合は非常におすすめです。

▼他の退職代行と比較したランキングはこちら

新卒からベテラン対応の退職におすすめする退職代行ランキング

男の退職代行に関するよくある質問

ここでは、男の退職代行に関するよくある質問について解説していきます。

即日で退職できる?

男の退職代行は、スピーディーで簡単な退職代行サービスを即日で提供します。相談から正式な退職手続きまで、スマートフォンで簡単に退職できるようになりました。

退職代行後、会社から連絡は来る?

退社後は、使用者側との連絡は不要です。労働組合など法律で認定された専門機関が仲介役となり、労働組合から指名された代表者が、企業との連絡をすべて一手に引き受けます。

女性はサービスを受けられない?

男性専用の退職代行と銘打っていますが、女性向けの退職代行も行っています。また、男性向け退職代行と同じ会社が監修する「わたしNEXT」は、女性の退職ニーズに特化した退職代行サービスです。

退職代行の失敗や会社とのトラブルがないか心配

退職の仕方によっては、組織によっては退職届を出すことを容認せず、法的措置や揉め事が起こる可能性があります。しかし、「男の退職代行」では、そのような問題に直面したことがなく、ストレスのない退職が可能です。

残業代・有給消化等の交渉も可能?

労働組合として設立された「男性退職代行」は、主に退職に関する業務を取り扱っています。残業代の増額や休暇の取得など、本来なら弁護士の専門知識が必要な案件についても、法的機関として話し合いができるようになっています。

退職代行のメリットは?

自分で退職手続きをしなくていい点です。嫌な上司と顔を合わせることもなく、退職を引き止められることもなく会社を辞められます。

退職代行のデメリットは?

退職代行を使うデメリットは以下の通りです。
  • 有給消化や未払い賃金の交渉や請求ができない可能性がある
  • 費用の相場が3万円前後なので意外と高い
  • 会社の人との関係性が悪くなる可能性がある
  • 退職代行をを使っても会社から連絡が来る・実家に連絡がいくことがある