退職代行EXITは本当に役立つ?評判や他サービスとの違いを解説

退職代行サービスを提供する退職代行EXITですが、初めて利用する方にとっては、本当に退職を実現してくれるのか不安に思うことでしょう。

そこで、退職代行EXITがどのような評判を受けているのか、その他のサービスとの違いやメリット、特徴などから分析していきます。その他との違いが見えてくれば、自分に合っているかどうか判断できるでしょう。まとめた内容を読んでみて自分に向いていないと思ったら、退職代行Jobsへお気軽にご相談下さい。

退職代行EXIT(イグジット)の口コミ評判

利用者から寄せられた口コミには、以下のような評判があります。

  • 一番有名なEXIT〜〜連絡もスムーズに来たし、退職したい旨を会社に伝えていなかったけど、一瞬で退職できた
  • なんの接触もせず無事に仕事を辞められました
  • 涙を流さなくて済む職場に初めて出会った。ありがとうEXIT
  • 本日、退職代行exitを利用させていただき、無事に退職しました

このように、退職ができたことに喜びの声が多く集まっています。今後もすべての人が退職できるかわかりませんが、救われたという方がいるのも事実です。

あくまでも、個人からの評価となるため、周りの評判を参考にしながら直接問い合わせて話を聞いてみると良いでしょう。実際の状況は直接目で見るまではわかりません。

退職代行EXIT(イグジット)の評判口コミからみる8個のメリットと特徴

退職代行EXITが持つ8個のメリットを紹介します。自分が利用した際に役立ちそうか考えながら、まずはどのような強みがあるのか見ていきましょう。

利用料金が一律20,000円(税込)の業界の中でもトップクラスに安い

退職代行EXITは、一律20,000円(税込)と、業界の中でもリーズナブルな点が魅力です。

アルバイトや派遣などで価格が分けられている業者もありますが、どんな立場でも同じサービスが受けられるのは安心材料となるでしょう。

1度使うと、2度目以降の利用が10,000円オフになる

一度目はフルプライスでの支払いとなりますが、2度目以降で利用する場合は1万円オフになります。同じ事態は避けたいところですが、この先何が起こるかわかりません。

そのような時に、何度も同じ価格で依頼していては大きな負担になるため、2回目以降の料金が安くなるのも高評価を集めるポイントです。

業界最大級の実績と知名度がある

年間10,000人以上の依頼を受けている実績と、知名度を持っています。実績だけでは語れませんが、多くのユーザーが信用を持って利用した数値ともなるため、サービスを選ぶ際の参考になるでしょう。

24時間対応で即日退職もできる

24時間の即日退職が可能なほか、顔を出さずに退職することも可能です。しかし、民法通りの2週間後や、有給を消化した後になる場合もあります。

どちらにせよその日に相談ができるため、手続きを素早く行ってくれることに変わりありません。

無料の相談はLINEやメールなど様々な方法で行える

LINEやメールなどを活用して無料で相談もできるため、サービスを利用すべきかどうか話を聞いてもらえます。

他にも離職票を送ってもらいたい、会社にはもう行きたくない、または、連絡も取りたくないなどの要望を伝えれば、可能な限りサポートしてくれるでしょう。誰でも何か悩みがあるときは心細くなるため、まずは相談して心を落ち着かせるのがおすすめです。

これまでの退職成功率は100%

退職代行EXITは、これまで受けてきた案件を100%の確率で成功させています。会社側が退職したい人を引き止めることは禁止されているため、ルールを守っていれば誰でも会社を辞めることが可能です。

顧問弁護士が運営に関わっている

運営に顧問弁護士が携わっているため、法律を守った対応をしてもらえます。また「訴える」と脅してきた場合であっても、裁判を起こしたところで、会社は引き止めできないため意味がありません。

また、裁判をするコストを考えると大きな負担となるため、実際に訴えてくるケースがないのも現状です。

退職代行サービスだけでなくその後の転職までサポートしてくれる(キャッシュバックもあり)

退職代行EXITでは、依頼後の転職サポートが無料で受けられます。転職が成功したあかつきには、お祝い金5万円がもらえるキャンペーンも行われているため、利用するなら今がおすすめです。

さらに、2回目以降は1万円割引になるため、よりお得に利用できるのもメリットとなるでしょう。

退職代行EXIT(イグジット)のサービス内容・運営している会社の概要

先述しましたが、退職代行サービスと、無料の転職サポートを受けることが可能です。また、「Reboot(リブート)」という名前のメディアを発行しており、退職に関する知識を発信しています。

運営会社は「EXIT株式会社」で、労働組合となるため会社との交渉には対応していません。しかし、退職代行サービスの実績も数多くあり、さまざまなケースに対応できる経験豊富な会社といえるでしょう。

退職代行EXIT(イグジット)を利用する6つのデメリット

退職代行EXITのデメリットとなる部分を紹介します。どんな企業の利用にも弱みとなる部分があるため、それらも把握した上で利用を検討するのが大切です。また、自分が妥協できる範囲かどうかも考え、利用するかどうか慎重に判断しましょう。

一度利用すると退職癖がつく可能性がある

2度目以降は1万円引きとありましたが、その便利さに一度利用してしまうと退職癖がついてしまう可能性があります。ささいなことで会社を辞めていては生活も安定しないため、最終手段として捉えた方が良いでしょう。

もちろんひどい思いをしてまで会社で働く必要はありませんが、働かないと収入がなくなるのも現実です。会社に悩みを抱えている方も、時間が解決してくれるかどうか含めて検討するのがおすすめです。

これまで働いてきた会社に対して後ろめたさが残る可能性がある

退職には人それぞれ理由がありますが、親しい同僚や先輩、お世話になった上司などがいると、後ろめたさを感じてしまう可能性もあります。

しかし、時間が経てばほとんどの場合罪悪感も薄まっていくため、周りのことを心配せず自分を一番大切に考えるようにしてください。無理をして働き続けて、体や心を壊してしまっては本末転倒です。

退職前に有給を消化できない可能性がある

退職代行を利用した際は、残りの有給を消化できずに退職へ至る可能性があります。 特に株式会社が運営している場合は、有給についての話し合いもできません。

できるだけ有給を消化したい方は、労働組合や弁護士が運営している退職代行サービスを利用した方が良いでしょう。

損害賠償請求等の法的手段には対応することができない(非弁行為に該当するため)

損害賠償請求等の法的手段についても交渉が行えません。会社に法的手段に出ると言われたときは、弁護士が運営する退職代行を利用した方がいいでしょう。

もし、労働組合や弁護士でもないのに、法的な手段に対応できると宣伝している業者を見つけたら利用しないようにしましょう。

返金保障制度がない

退職がうまくいかなかった場合の返金保証制度がついていないため、退職に失敗しても返金が受けられません。現状では退職を失敗したケースはありませんが、リスクを取りたくないという方は返金保証制度のあるサービスを探しましょう。

どんなことにも絶対はないので、自分が安心して任せられる業者に依頼するようにしてください。

未払いの給与や残業代請求などは依頼できない

未払いの給付や残業代請求などに関しても、損害賠償請求などのように一会社では対応できません。会社との交渉ごとに関しては、労働組合が運営している必要があります。

お金や有給などのトラブルが原因で退職代行を依頼する際は、会社との交渉が行えるかどうかも忘れずにチェックしましょう。専門家のいないサービスを利用しても意味がありません。

退職代行EXIT(イグジット)を使うべき人の特徴は?どんな人が使うべき?

続いて、どのような人に特徴がマッチするのか紹介します。自分が悩んでいる内容に照らし合わせて、近しい状態や該当する方は利用を検討しましょう。

過度な引き止めにあっている人

何度か会社に退職をしたいと伝えても、過度な引き止めをされて仕事を辞められないときは、退職代行EXITが役立ちます。

このような場合会社が違反行為を行なっているため、第3者からの指摘を受けると退職を認めざるを得ません。ひとりでは断れないのをいいことに働かせようとしきたら、退職代行を依頼してサポートしてもらいましょう。

出社するだけで体調が悪くなってしまう人

出社するだけで体調が悪くなってしまうような場合も、退職するのに十分な理由です。労働者を雇う会社は、労働者の安全や健康を守らなければなりません。そのため、会社や仕事が原因で体調を崩すようであれば退職も認めてもらいやすくなります。

体調が悪くなるのを理由に退職するのを自分の口からなかなか言いにくいという方は、退職代行サービスを活用しましょう。

退職届を受け取ってもらえない人

退職願も出して正式な手順をふみ、退職届を出したにもかかわらず会社が受け取らない場合も違反行為となります。そのため、退職代行EXITに依頼を出せば依頼者を退職させるように会社を説得してくれるでしょう。

無理な引き止め同様、会社は違反していることを知りながら退社しないようにしているため、第3者の介入に弱いところがあります。

会社でパワハラやいじめを受けている人

会社でのパワハラやいじめは、会社側が責任を持たなければならないため、本来退職希望が出れば許可します。しかし、そのような理由で退社させるわけにはいけないと引き止めてくる会社も残念ながら存在します。

このような場合でも会社側が全面的に悪いため、退職代行EXITが間に入れば退職も認めてもらいやすくなるでしょう。

退職代行EXIT(イグジット)の利用して退職するまでの3ステップ

続いて退職代行EXITを利用する際の、退職するまでの3ステップを紹介します。スムーズに行けばとんとん拍子で退職の話まで進みます。会社も事を荒立てたくないと考えるため、しつこく食い下がってくるケースも少ないのでしょう。

LINE・メールのいずれかで相談

最初はLINEもしくは、メールのいずれかで相談を始めます。相談する際は、離職票の提出や即日退職をしたいなど、自身の現状をはっきりと伝えましょう。ここで遠慮してしまっては納得のいかない退職になってしまいかねないため、どんな些細なことでも伝えるのが大切です。

少しでも早く退職できるように、すり合わせをしっかりと行なっておきましょう。

代行費用を支払う

相談してどのようなサポートを受けるのか決まったら、代行費用を支払います。成功報酬ではないので、後払いになることはありません。支払いが終われば、依頼者の希望に近い形で退職ができるようサポートしてくれます。

また、相談にお金はかからないため、依頼するのか再確認した上で代行費用を支払いましょう。

EXITが会社側に連絡・交渉して退職完了

代行費を受け取った退職代行EXITは、会社側に依頼を受けたことを連絡し交渉に入ります。即日退職できるかどうかは会社によって異なりますが、2週間後もしくは有給休暇の後退職できるのが基本です。

会社側が依頼者の退職を認めて、退職が完了すればEXITの依頼も終了します。依頼終了後は転職サポートも受けられるので、事前に相談しておきましょう。

退職代行EXIT(イグジット)と他の退職代行サービスを比較

退職代行EXITと他の退職代行サービスにはどのような違いがあるのか紹介します。同じ代行サービスをしている会社でも対応できる範囲や、特徴、費用も異なるため、自分の条件に合ったサポートをしてくれるサービスを選びましょう。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、東京労働経済連合が運営しており、一律29,800円で退職代行サービスを提供しています。365日即日OKの全国対応でどこからでも依頼ができ、追加料も発生しないため誰でも利用がしやすいのが強みといえるでしょう。

労働組合がサービスを提供しているため、残業代や給付の交渉にも対応しています。また、雇用保険被保険者証や離職票などの必要書類は、会社から郵送するよう交渉してくれるため依頼者は職場へ行かずにすむでしょう。

会社に顔を出さず、上司とも話をしたくないという方は退職代行ガーディアンがおすすめです。

公式サイト:退職代行ガーディアン

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびは、弁護士が退職代行してくれるため、残業代や給付などの問題であっても対処してもらえます。利用料金は、着手金の55,000円と、オプション費用には回収額の20%が必要です。

設定額は他のサービスと比べても高額となっていますが、訴訟が起きる可能性や、給料支払いの催促が必要な場合に強いのが特色となるでしょう。

また、事前にメールやLINEで相談ができるため、法の専門家に話を聞いてから依頼するかどうか決められるのはありがたいポイントです。

公式サイト:弁護士法人みやび

退職代行SARABA

退職代行SARABAは、労働組合が運営する一律25,000円で依頼ができる退職代行サービスです。数ある代行サービスの中でも低価格設定となっているため、少しでも費用を抑えたい方におすすめのサービスといえるでしょう。

24時間の対応も可能で、行政書士が監修する退職届が無料で利用できるサービスも提供されています。低価格でありながら、有給取得や残業代申請に対応する対応力の広さが他にはないストロングポイントです。

公式サイト: 退職代行SARABA

当サイトおすすめの『退職代行Jobs』

最後に紹介するのは、当サイトがおすすめする退職代行Jobsです。労働組合との連携と、弁護士監修によるサービスを、27,000円と比較的低価格で利用できる強みを持っています。

会社との交渉をする際には、組合費が別途2,000円必要となりますが、全額返金があるため、失敗するリスクを心配する必要がありません。その他にも追加料金不要で、期限無制限の退職フォロー、全国対応で転職活動や引っ越しサポートまで行う、総合力の高さが退職代行Jobsのおすすめ理由です。

公式サイト:退職代行Jobs

まとめ

本記事の内容をまとめると、以下のポイントに分けられます。

  • 退職代行EXITは実績と100%の達成率が魅力の退職代行サービス
  • 会社との金銭的交渉には、労働組合や弁護士などが提供する他の退職代行サービスが必要
  • 低価格やサービスの範囲など、総合力で選ぶなら退職代行Jobs
  • サービス範囲や特徴を比較して自分に合った退職代行サービスを探す

退職代行EXITは豊富な実績を持つ、信頼度も高い退職代行サービスです。しかし株式会社が運営していることもあり、残業代や有給取得などの交渉ができません。

交渉が必要ない場合は退職代行EXITも役立ちますが、トラブルへの対処も希望する場合は労働組合や弁護士などが運営する退職代行サービスを選びましょう。

退職代行Jobsであれば、会社との交渉にも対応できるため、サービスの範囲や強みなどを見て適切なサービスを見極めるのが重要です。

▼他の退職代行と比較したランキングはこちら

新卒からベテラン対応の退職におすすめする退職代行ランキング